小山正孝写真館

 

 小山正孝は、若い時から写真好きでした。

二眼レフで自ら「芸術作品」と称する作品を撮りました。

晩年には、小さな携帯用のカメラを持ち歩き、

気に入った作品は、絵はがきに作ったり、

大きく伸ばして額に入れたりしていました。

(写真をクリックしてください。大きくなります。)

戻る