小山正孝 年譜

 

大正5年(1916)

6月29日、東京青山に生れる。

昭和11年(1936)

4月、府立四中から弘前高等学校文科乙類に進む。

昭和13年(1938)

7月、弘前から帰省中、杉浦明平から立原道造を紹介される。10月、盛岡に滞在中の立原道造を訪ねる。

昭和14年(1939)

4月、東京帝国大学文学部支那文学科に入学。8月、中村真一郎と「山の樹」の会に出席。9月、鈴木亨・西垣脩らの「山の樹」同人になる。11月、中学以来の親友・山崎剛太郎らの「阿房」同人になる。

昭和16年(1941)

6月、「四季」にはじめて執筆。山本書店から刊行の『立原道造全集』全3巻の編集に参画。12月、東京帝国大学を繰上げ卒業、卒業論文は「魯迅」。

昭和17年(1942)

8月、日本出版文化協会に入社。9月、「四季」第67号の「萩原朔太郎追悼号」から野村英夫・鈴木亨・塚山勇三らと編集実務を担当。

昭和18年(1943)

4月、目本出版会に入社。

昭和19年(1944)

7月、岸田常子と結婚。

昭和20年(1945)

10月、文明社に入社。

昭和21年(1946)

1月、中等学校教科書株式会社(のち中教出版株式会社)

に入社。6月、第1詩集『雪つぶて』(赤坂書店)刊行

7月、「四季」の継承を意図して「胡桃」を創刊、

昭和30年(1955)

11月、第2詩集『逃げ水』(ユリイカ)刊行。

昭和32年(1957)

第3詩集『愛しあふ男女』銅版画・駒井哲郎、限定152部(ユリイカ)刊行。角川書店刊行の『立原道造全集』全5巻を、神保光太郎、杉浦明平、生田勉、鈴木亨と共同編集。

昭和42年(1967)

7月、『立原道造詩集』(弥生書房)を編集刊行。中央公論杜嘱託。12月、「四季」(第4次)同人になる。

昭和43年(1968)

4月、第4詩集『散ル木ノ葉』(思潮社)刊行。関東短期大学講師になる。

昭和44年(1969)

4月、関東短期大学助教授になる。8月、中国古典文学大系『唐代詩集上・杜甫』(平凡社)を小野忍と共訳刊行。

昭和46年(1971)

角川書店から刊行の『立原道造全集』全6巻を、杉浦明平.鈴木亨・中村真一郎らと共同編集。12月、第5詩集『山の奥』銅版画・駒井哲郎・限定150部(思潮社)刊行。

昭和49年(1974)

角川書店から刊行の『津村信夫全集』全3巻を鈴木亨・堀内達夫と共同編集。

昭和52年(1977)

7月、第6詩集『風毛と雨血』(思潮社)刊行。

昭和53年(1978)

1月、小野忍・佐藤保と共訳の『杜甫詩選』「1・四季と山河」「2.旅と戦乱」「3・友情と別離」(講談社学術文庫)を刊行。4月、関東短期大学教授になる。

昭和58年(1983)

1月、「文学館」同人になる。2月、中国の名詩『漂泊の詩人.杜甫』(平凡社)を小野忍・佐藤保と共訳刊行。

昭和59年(1984)

7月、詩集『雪つぶて』(潮流社)を復刊。

昭和61年(1986)

5月、第7詩集『山居乱信』(潮流社)刊行。

昭和62年(1987)

3月、関東短期大学を定年退職。9月、坂口昌明「一詩人の追求−小山正孝氏の場合」刊行。10月、4季派学会理事。

平成元年(1989)

7月、山梨県八ヶ岳村大泉村「自在舎」にて「立原道造と優しい仲間たち展」開催。

平成3年(1991)

1月、現代詩文庫1043「小山正孝詩集」(思潮社)刊行。

平成4年(1992)

詩「雪つぶて」「倒さの草」「道」の3編がポーランド語に翻訳される。

平成11年(1999)

8月、第8詩集「十二月感泣集」(潮流社)刊行。

平成12年(2000)

10月、詩集「十二月感泣集」に対し、第7回丸山薫賞受賞

平成13年(2001)

6月、日本現代詩人会より「先達詩人の顕彰」を受ける

平成14年(2002)

11月13日、肺炎にて死去

                                                  戻る