白水郎句集より

 

春の山鎌倉道をかくしけり

よくかゝる笠子魚(かさご)あはれむ霞かな

田打人みるみる風に巻かれけり

汐引けばかはる景色や蜆掘

鮎育つ育つ天気や豆の花

朝鮮六月の海わたりけり

たくましく藤豆育つ暑さかな

草の中に鴬鳴ける雷雨かな

卯つ木原たまたまあやめみいでけり

髪刈りに秋の夜の坂下りにけり

 

 

 「いじょうはわたくしのいふいゝ句の例である・・・・」   久保田万太郎 「序 」より

 

                                         戻る